寝違いの首の痛み

2020年02月17日 19:07

寝違いによる首の痛みを訴えて
来院される方がたびたびいらっしゃいます。

例えば、

無理に動かすと強い痛みが出る

右左に振り向けない

上に向くことが全くできない

朝起きたら首が痛くて動かせない

など経験をされた事のある方は多いと思います。
今回来院された患者様も朝起きたら
首が痛くて、前後右左の動きが辛いと言う事でした。

寝ている間に首に対して物理的な
過度のストレスがかかって痛めてしまいました。

簡単に言ってしまえば、悪い寝相で
長い時間寝てしまったと言うところでしょうか。
 
痛い首の場所を特定して、
アプローチしていくのですが、
大概の場合、痛みのある部分に炎症が起きています。
 
この患者様の場合、頚部の筋肉の痛みが強く、
筋肉の緊張を起こしていたので、炎症などを考慮し、

行った整体は?

寝違えで痛い場所の反射点を刺激

骨盤や首の骨の矯正で神経伝達回復

筋膜リリースで筋肉の摩擦を軽減


 
寝違えで痛みの強いなどに、
直接施術するのが困難な場合に有効な整体です。
 
この施術により痛みの軽減、
可動範囲の向上等がみられました。
 
寝違いは何もしない場合、約1~2週間くらいで
痛みは減っていく傾向の症状ですが、

3回目(3日間)の治療でほぼ痛みが消え、
首の動けるようなりました。
 
痛いまま1~2週間ほど生活していると、
首をかばい続けるあまり、他の部位にも負担がかかり、
二次的な不調なども起こります。

例えば、頭痛や肩こり、しびれ、吐き気etc...

私自身も前に左の背中の寝違えで
約1か月朝を中心に毎日激痛を経験しました。

タミ整骨院で一番ひどい寝違えの方は
つばを飲み込んだだけで首が激痛という
動かすどころか安静も変わらない程の寝違えでした。

上記の整体で3日で8割、7日で全快でしたよ。

やっぱり早く良くなりたいですよね?
 
タミ整骨院
274-0077
千葉県船橋市薬円台6丁目-2-10 ラ.フォレ21-104
TEL:047-767-9545

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)